1. ホーム >
  2. 患者・家族の皆様へ >
  3. 入院のご案内

患者・家族の皆様へ

入院のご案内


入院の手続き

〇医事室入院受付(3番窓口)に次の書類を提出してください。

  • 保険証(変更になった場合は、その都度。月をまたいで入院される場合は毎月。)
  • 高額療養費の限度額適用認定証
    (70歳未満の方のみ、お支払いの負担軽減のために必要です。)
    • 各保険者より交付を受けてください。
      (市町村国民健康保険は各市町村)
    • 入院までに必ずご用意ください。間に合わない場合でもできるだけ早く提出してください。
      (遅くなると負担軽減がされなくなる場合があります。)
  • 入院診療管理票
  • 病衣申込書
  • 入院履歴申立書
  • 標準負担額減額認定証(住民税非課税の方 「食事負担」参照
  • 公費負担医療費受給者証等(該当者)
  • 労災証明書(該当者)

   予約入院の方は受付後、入院病棟ナースステーションにおこしください。

〇病棟ナースステーションに入院申込書(身元引受書・連帯保証書)を提出してください。

注)病室前の名札の掲示について
    ご希望があれば病室前に名札は掲示しませんので、看護師にお申し出ください。

ページの先頭へ ページの先頭へ

入院の準備(必需品)看護付き添いについて

〇入院中の必需品

  • 印鑑
  • 肌着類
  • 洗面用具
  • 湯呑茶碗、ティッシュペーパー等の身のまわり品
  • 内ばき、タオル、バスタオル
  • 服用中のお薬
  • その他、病状によって用意していただく品がありますので、それぞれの科でご説明します。


注)貴重品は、ベット脇のテレビ台引出しの中にある保管箱に入れてください。
   (現金の持ち込みは最小限にお願いします。)


〇病 衣

  • 病衣利用のお願い
       病衣を利用された患者さんには、一日あたり60円を利用料として負担いただきます。
       県立病院では、患者さんの利便性や衛生面を考慮し、また現在の病衣が診療に適した形態であること等の理由から、原則として病院から貸し出す病衣の利用をお願いしています。
    (小児科以外では、患者さんご自身で病衣を持参されても差し支えありませんが、診療・看護の都合上、病衣の形態(パジャマ型、ガウン型など)についてご相談させていただく場合があります。)
  • 病衣の申し込みについて
       利用希望の有無を、別紙「病衣申込書」にご記入のうえ、入院受付時に医事室入院受付(3番窓口)に提出してください。
       (持参されて、利用希望の無い場合でも提出してください。)
       また、入院途中で変更される場合は、病棟看護師にお申し出ください。

  注)1日60円の料金は、ズボン等の一部を借りた場合でも同額です。
            利用の初日及び返却した日も1日として計算します。

〇紙おむつセット

   病院指定の業者と契約することにより、日額による定額制で、「紙おむつ」を必要な枚
数ご利用いただけます。
  プラン①  372 円/日 (税抜)
      ・ 一日中おむつを着用し、定期的に尿取りパットを交換される方
      ・ 昼間はリハビリパンツ、夜間はおむつを着用される方
  プラン②  210 円/日 (税抜)
      ・ リハビリパンツを着用し、トイレ誘導を必要とされる方

〇治療・看護・栄養

  • 医師や看護師が病気や検査、治療についてご説明しますが、疑問な点や要望があれば、ご遠慮なくお申し出ください。
  • 付添いをする場合は、医師の許可を受けてください。ただし、患者さんの負担による有料の付添いはできません。
  • 食事は病状に応じて治療や予防に必要な栄養を配慮して調理していますので、外部からの持ち込みはご遠慮ください。

ページの先頭へ ページの先頭へ

食事負担について

〇食事の負担金額について

   入院中の食事について負担いただく金額は次のとおりです。(なお、この負担額は高額療養費制度の対象になりません。)

入院時の食事についての標準負担額
入院時の食事についての標準負担額 1食につき260円

ただし、次の1及び2の場合には、それぞれ以下の金額に減額されます。

  • 市町村民税非課税の世帯に属する方
        減額を受けなければ、生活保護法の規定による要保護者となる方                                                                         ・・・・・・・・・・・・・・・1食につき  210円
        過去1年間の入院日数が90日を超えている場合
                                                                      ・・・・・・・・・・・・・・・1食につき  160円
    1 のうち、所得が一定の基準に満たない70歳以上の方等
                                                                      ・・・・・・・・・・・・・・・1食につき  100円

〇減額のための手続き

  • 各保険者(市町村国民健康保険は各市町村)より「標準負担額減額認定証」の交付を受けてください。
  • 「標準負担額減額認定証」を医事室入院受付(3番窓口)に提出してください。

ページの先頭へ ページの先頭へ

面会について

  • 患者さんの安静と治療及び治療上の支障を考えて、面会時間を下記のように定めています。
    面会時間
    面会時間 10時~20時
  • 面会時間内であっても、患者さん、あるいは同室の患者さんの病状等により面会を制限することがありますので、面会される方は必ずナースステーションにお申し出ください。
  • 歩行できる患者さんは面会室をご利用ください。
  • 面会の方の病室内での食事はご遠慮ください。
  • 感染予防のため、お子様連れや一度に大勢の方々の面会、及びペットの同伴はご遠慮ください。

ページの先頭へ ページの先頭へ

退院について

  • 退院許可は主治医がいたします。
  • 退室されるときは、忘れ物がないかもう一度ご確認ください。
  • 退院後、外来受診のある方は受診日をご確認のうえ、診察券を忘れずにお持ち帰りください。
  • 退院後、急変などで予定外の診療を希望される場合は、平日の診療時間内は各科外来、それ以外は救急外来へご連絡ください。

ページの先頭へ ページの先頭へ

入院費の支払い

  • 退院のときは入院費用を医事室会計窓口(5・6番)でお支払いの上、お帰りください。土日祝日や退院までに計算が間に合わない場合は、お支払いいただけませんので、後日、請求書を郵送します。
  • 月をまたいで入院される場合は、翌月中頃、前月分の請求書を病室にお届けします。(郵送を希望される場合は、医事室入院受付(3番窓口)にお申し出ください。)
  • クレジットカードによるお支払いが可能です。
    (JCB,VISA,MasterCard 等)
    お取扱い時間       8時30分~17時
    (土・日・祝日および年末年始を除く)
  • 料 金
    料金表
    区 分 本人が窓口で支払う料金
    入院料   その他
    社会保険 診療費の3割 特別室使用料
    (1日につき)
    特別 D室 3,560円
    特別 D室 3,350円
        A室 2,160円
        A室 1,940円


    文書料
    診断書、証明書等

    電話使用料
    (電話付の特別室)
    国民健康保険 診療費の3割
    退職者国保 診療費の3割
    生活保護法 本人支払額のある場合はその負担額
    高齢者
    (70歳以上)
    診療費の1割または2割 
    (限度額44,400円/1ヶ月)
    一定以上の所得者は診療費の3割
    6歳未満 診療費の2割
    自賠責(交通事故)、正常分娩等の費用は、
    全額(自由診療料金による)負担となります。
    注)このほか、病衣、食事の負担があります。

ページの先頭へ ページの先頭へ

サービス設備について

〇サービス施設・設備など

  • 売店(1階中央エレベーター前)
    営業時間:平  日    8時00分~17時30分
                   土曜・祝日    8時30分~14時30分
                   定休日  日曜日、年末年始(12/31~1/3)
    売店では 入院用品、介護用品、リハビリ用品、日用品、食品、雑誌、下着、衣料品、テレホンカード、TVカード、切手、商品券等、各種取り揃えています。
    病室まで配達もいたしますので、どうぞご利用ください。
  • 両替機(100円硬貨用)
    売店の自動販売機の並びにあります。
  • 院外処方せんFaxコーナー(無料)
    総合案内の脇にあります。
  • テレビカード(テレビ・冷蔵庫用プリペイドカード)
    テレビカード販売機は玄関正面及び各病棟にあります。
    テレビカード精算機は玄関正面にあります。
  • 理髪店(1階中央エレベーター前)
    予約制となっています。(内線274)
    営業時間:9時00分~17時00分
    定休日:日曜、月曜、祝日、第1火曜
  • 洗 濯
    各病棟のコイン洗濯機・乾燥機をご利用ください。
  • 公衆電話
    1階ホールや各病棟ホールに公衆電話があります。
  • 携帯電話
    診察室・処置室・回復室・各種検査室・透析室など、入口付近に携帯電話禁止の表示がしてある場所では、携帯電話の使用はできませんので電源を切ってください。
    病棟内では、他の患者さんの迷惑にならないようマナーモードに設定してください。病室及び病棟廊下では、メール機能のみご使用できますが、通話はご遠慮ください。
    個室の場合や通話可能場所等ご不明な点につきましては、看護師におたずねください。
  • 駐  車
    駐車場は外来患者さんを優先しています。そのため入院や付添等での駐車につきましては、ご遠慮くださいますようお願いします。
    やむを得ない場合は、当院2階の経営課 庶務係までお申し出ください。
  • ホテルセクション
    重症患者さんや遠方からの慢性疾患患者さんのご家族が休憩・宿泊できる部屋があります。ご利用は病棟看護師にお申し出ください。

ページの先頭へ ページの先頭へ

その他/お願い

〇180日を超える入院

  • 「入院履歴申立書」の提出について
       同一疾病で過去3ヶ月以内に入院されていた場合(他の医療機関も含む)、入院期間が通算され、それが180日を超えると入院料の一部が自己負担となる場合があります。
       このため過去3ヶ月以内の入退院を確認していますので、お手数ですが別紙「入院履歴申立書」の提出をお願いします。
  • 入院が180日を超えた場合の自己負担額
       入院期間が通算で180日を超えた場合、自己負担額は以下のとおりです。
         入院基本料10対1算定の場合    1日につき 2,100円
         入院基本料  7対1算定の場合    1日につき 2,510円
        難病・重度の肢体不自由で寝たきり状態・15歳未満・小児慢性特定疾患治療研究事業対象などは自己負担の対象となりません。

〇火災時の避難

  • 病棟の非常口、非常階段をあらかじめ確認しておいてください。
  • 非常の際には院内放送で情報を流します。職員の誘導に従い、落ち着いて行動してください。
  • 避難するときは、エレベーターを使用しないでください。
  • 避難するときは、煙をさけるためにタオルかハンカチをご用意ください。
  • 避難するときは、私物の持ち出しは最小限とし、いったん避難したのちは忘れ物を取りに戻らないでください。
  • 全館にスプリンクラーの設備があります。

〇お願い

  • 職員への金品の贈与はお断りしております。ご協力ください。
  • お気付きの点やご意見は担当職員にお話しされるか、投書箱「皆さんの声」をご利用ください。
  • 当院は駐車場を含む敷地内を全面禁煙としております。ご協力ください。

ページの先頭へ ページの先頭へ

入院食の誕生膳について

入院食では、「誕生膳」も行っています。

ページの先頭へ ページの先頭へ

地域包括ケア病床について

 平成27年9月より、6病棟内に地域包括ケア病床を設置(平成27年9月現在:11床)しました。

地域包括ケア病床とは、急性期の治療が終了し、病状が安定した方に対して、リハビリや退院支援などを効率的かつ高密度に提供する「在宅等復帰支援のための病床」です。
 ここでは、在宅復帰支援計画に基づき、主治医や看護師、リハビリスタッフなどが治療や支援を行います。また、社会福祉士や退院調整看護師などが退院支援や退院後のケアについてサポートを行います。

 対象となる方は、在宅等への復帰に向け、もう少し経過観察が必要な方や積極的なリハビリが必要な方、在宅での療養準備に一定の時間が必要な方などで、最長60日以内の退院が原則となっております。

 先生方からのご紹介を心よりお待ちしております。

                         「地域包括ケア病床について」

ページの先頭へ ページの先頭へ