当院について

沿革

病院の沿革

病院の沿革
昭和30年  5月 吉田町立病院として創立
昭和30年10月 県に移管され、新潟県立吉田病院として開院  病床数97床(一般48、結核49)
昭和32年12月 西蒲原郡南部伝染病組合委託伝染病舎併設  病床数195床(一般48、結核124、伝染23)
昭和40年  4月 附属准看護学院設置
昭和43年  4月 附属高等看護学院設置
昭和49年  4月 現在地に病院施設を新築・移転  病床数208床(一般208)
昭和52年  4月 小児慢性疾患病棟完成  病床数408床(一般208、小児慢性200)
附属高等看護学院を附属看護専門学校に名称変更
昭和54年  5月 第2期増改築工事完成  病床数455床(一般255、小児慢性200)
平成元年10月 救急告示
平成  8年 3月 病床数変更  病床数417床(一般313、小児慢性104)
平成10年12月 病床数変更  病床数370床(一般314、小児慢性56)
平成15年12月 病院機能評価(一般病院種別B)認定
平成18年  9月 病床数変更  病床数302床(一般278、小児慢性24)
平成19年  4月 稼働病床数 247床(一般223、小児慢性24)
平成27年  6月 病床数変更 病床数199床
稼働病床数 149床(一般127、小児慢性22)




ページの先頭へ ページの先頭へ