1. ホーム >
  2. 診療科ご案内 >
  3. 最新治療と設備

診療科ご案内

最新治療と設備


消化器内科

消化器内科で行なっている検査・治療の一部を紹介します。

  • 悪性腫瘍粘膜下層剥離術 (ESD) :胃の早期癌を内視鏡的に切除します
  • 肝動脈塞栓術 (TAE) :血管造影により肝動脈を塞栓し肝癌を治療します
  • ラジオ波焼灼療法 (RFA) :小さな肝癌を高熱で焼く治療法です
  • 体外衝撃波結石破砕療法 (ESWL) :胆管結石や膵石を破砕し結石を取出す治療です
  • 超音波内視鏡 (EUS&FNA) :膵・胆道系や消化管の精密検査法です
  • 拡大内視鏡:特殊光(NBI)を併用し早期の食道癌、胃癌を見つけ精密検査します
  • 内視鏡室のご紹介LINK

ページの先頭へ ページの先頭へ

呼吸器内科

呼吸器内科では呼吸器疾患の患者さんの検査治療を行なっています。

  • 在宅酸素療法 (HOT):低酸素血症の患者さんに対する治療です
  • 在宅呼吸療法 (NPPV):高炭酸ガス低酸素血症の患者さんに対する治療です
  • 持続陽圧呼吸 (CPAP):睡眠時無呼吸の患者さんに対する治療です
  • 気管支鏡検査 (BF):肺がん検診の精密検査に対応しています

ページの先頭へ ページの先頭へ

外 科

当院の外科では主に以下の分野の外科診療を行っています。

  • 消化器外科:胃、大腸、肝、胆、膵、痔その他腹部臓器全般の外科手術
                       内視鏡手術は胆石症が主体
  • 一般外科:外傷、鼠径ヘルニア、甲状腺、乳腺などの外科手術
  • 大腸内視鏡:内視鏡治療が主体

ページの先頭へ ページの先頭へ

眼 科

眼科で行っている、検査、治療の一部を紹介します。

  • 緑内障の早期発見、予防レーザー治療、悪化防止を点眼によって行います
  • 白内障手術は、術後の感染や合併症予防のため、術後の2泊を推奨しています
  • 糖尿病網膜症の早期発見に努め、視力低下をきたさないようレーザー治療、進行すれば、硝子体手術を行っています
  • 眼瞼形成手術を日帰りで行っています
  • 涙嚢鼻腔吻合術を全身麻酔下で行っています
  • 眼瞼や眼窩などの腫瘍切除を行っています
  • 小児の弱視訓練や慢性疾患は、午後診療も可能です(新患は午前)

ページの先頭へ ページの先頭へ

子どもの心診療科

   子どもの心診療科では、子どもの心の相談や発達の相談にのっています。対象年齢は幼児から高校生くらいまでです。
   不登校、学業不振、学校不適応、心身症、摂食障害などが相談対象となります。子ども達が示してくれる様々な問題行動・困り感への対応策を一緒に考えていきます。診療は3人の医師が担当し、臨床心理士と一緒に心理治療・各種心理検査も行います。グループ治療ではペアレント・トレーニングがあります。
 また小児慢性疾患病等での入院治療では、県立吉田特別支援学校での教育も受けられます。
 尚、外来診療はすべて予約制で行っています。

ページの先頭へ ページの先頭へ